5月26日・27日
「横浜セントラルタウンフェスティバルY159記念列車の旅」発売

JR東日本横浜支社では,「横浜セントラルタウンフェスティバルY159」開催イベントにあわせて,2018(平成30)年5月26日(土)・27日(日)の2日間,189系およびE257系を使用した石川町駅発着の記念列車を運転します.

旅行出発日 2018(平成30)年5月26日(土)・27日(日)※各日日帰り
ポイント ●Aコースでは,特急“あさま”号などとして活躍していた189系特急形電車を使用し,ふだん定期列車で走ることのない貨物線を走行します.
●Bコースでは,おもに房総方面の特急列車として使用しているE257系を使用し,富士急行線の河口湖駅まで往復します.
●車内では,「元町リカちゃん」との記念撮影会を開催します.記念撮影された画像は乗車記念新聞として後日郵送で進呈されます.
●記念品としてY159メイン会場(山下公園)で「Y159オリジナルキタムラキャンバス地トートバッグ」が進呈されます.また,「Y159記念列車乗車記念証」は車内にて係員から進呈されます.
行程 ■5月26日(土)出発
●Aコース(石川町駅発着):189系使用
 石川町(元町・中華街)8:35ごろ発→(根岸線・高島線・東海道貨物線)→浜川崎(折返し)→(東海道貨物線)→鶴見(折返し)→(品鶴線)→新鶴見信号場(折返し)→(品鶴線・東海道貨物線・東海道線)→根府川11:12ごろ着/11:30ごろ発→(東海道線・東海道貨物線)→茅ケ崎12:15ごろ着/12:45ごろ発→(東海道貨物線・根岸線)→石川町(元町・中華街)13:18ごろ着→(徒歩など,参加者負担)→山下公園(記念品引換所)
 ※根府川駅・茅ケ崎駅以外ではホームに降りることはできません.
 ※根府川駅ホームで記念撮影(15分程度)を予定.
 ※茅ケ崎駅ホームで記念撮影(25分程度)を予定.
■5月27日(日)出発
●Bコース(石川町駅発着):E257系使用
 石川町(元町・中華街)8:35ごろ発→(根岸線・高島線・品鶴線・武蔵野貨物線・南武線・中央線)→大月→(富士急行線)→河口湖11:30ごろ着→自由行動(参加者負担)→河口湖12:10ごろ発→(富士急行線)→大月→(中央線・南武線・武蔵野貨物線・品鶴線・高島線・根岸線)→石川町(元町・中華街)15:24ごろ着→(徒歩など,参加者負担)→山下公園(記念品引換所)
 ※往路車内で,お弁当とお茶が提供されます.
 ※河口湖駅ホームで記念撮影(河口湖駅停車中)を予定.
 ※河口湖駅では,改札の外に出ることが可能です.
※上記行程は,当日の状況により変更となる場合があります.また,使用車両は,都合により変更となる場合があります.
旅行代金 ●Aコース
・石川町(元町・中華街)駅発着...おとな8300円,こども5700円
●Bコース
・石川町(元町・中華街)駅発着...おとな11000円,こども7800円
※旅行代金には,上記行程に明示された区間の乗車券・指定席券のほか,記念品(Y159オリジナル キタムラキャンバス地トートバッグ)と「Y159記念列車乗車記念証」が含まれます.
※Aコースは食事なし,Bコースは昼食(崎陽軒お弁当とペットボトルお茶500ml・1本)が付きます.
※おとな1名以上で申し込みください.こどものみの申込みは受け付けていません.
募集人員 ●Aコース...300名
●Bコース...240名
※最少催行人員は,各日ともにおとな1名
発売開始日 2018(平成30)年4月19日(木)14時から
発売場所 ●川崎駅・横浜駅・大船駅・平塚駅・武蔵溝ノ口駅・町田駅の各びゅうプラザ
●びゅう予約センター
 ・電話:0570-04-8928
 ・携帯・PHS・IP電話・ひかり電話・公衆電話:03-3843-2001
※詳しくは,専用パンフレットをご覧ください.
ご案内 「横浜セントラルタウンフェスティバルY159記念列車の旅」の発売について(JR東日本ニュースリリース,PDFファイル)
2018年4月8日掲載|26日(土)の記事一覧