由利高原鉄道鮎川駅を「おもちゃの駅」に改装するプロジェクト実施

2018年2月1日掲載
由利高原鉄道鮎川駅を「おもちゃの駅」に改装するプロジェクト実施

秋田県由利本荘市の「鳥海山 木のおもちゃ美術館」と由利高原鉄道では,クラウドファウンディングサイト「Ready for」で,同美術館の最寄り駅となる由利高原鉄道鮎川駅を「オリジナルおもちゃの駅」に改装することを目的に,「クラウドファンディング」を実施します.
 2018(平成30)年7月に開館予定の「鳥海山 木のおもちゃ美術館」は,国の登録有形文化財でもある「旧鮎川小学校」に設立されます.あわせて由利高原鉄道の車両を改装した「おもちゃ列車」の運行および鮎川駅を「おもちゃの駅」とすることで,雄大な鳥海山の自然と鉄道が一体化した,この世で唯一の美術館となる予定です.

続きをみる

一次目標金額 300万円
特典など ●鉄道ファンにはたまらない魅力ある特典
 支援者の方には特典として,おもちゃ列車貸切りプランや,美術館無料入館券などを用意.
●地元名物のこけしが駅長に
 支援者名入りの「一口駅長」のこけしを製作し,支援者にお届けします.このこけしは由利本荘の職人の手によって作られた本荘こけしのオリジナル版です.
●支援者の「ミニ駅長室」を作ります
 由利高原鉄道の矢島駅には,支援者の名入りのこけしの「ミニ駅長室」を設置します.「ミニ駅長室」の中央部分には,こけしを差し込めるようになっています.
●オリジナルヘッドマークデザインプラン
 支援額10万円の特典として,「おもちゃ列車」のヘッドマークを支援者の方の好きなデザインに変更できるプランを用意.デザインをもとに由利高原鉄道で製作し,列車に取り付けて運転します.
募集期間 2018(平成30)年2月1日(木)〜4月24日(火)
問合せ先 由利高原鉄道株式会社
 ●電話:0184-56-2736
 ●E-mail:info@obako5.com
ご案内 クラウドファウンディングサイト「Ready for」のページ