鉄道博物館で「さいたまトリエンナーレ2016」連携イベントジオラマ運転体験イベントを実施

access_time
2016年11月15日掲載
鉄道博物館「さいたまトリエンナーレ2016」連携イベントジオラマ運転体験イベントを実施

さいたま市では,「未来の発見!」をテーマに,127万人が生活するさいたま市に世界に開かれた創造と交流の現場をつくりだそうとする国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」が開催されています.
 この連携イベントとして,鉄道博物館では,2016(平成28)年11月5日(土)・6日(日)に開催した,未来のさいたま市をイメージしたNゲージジオラマ製作イベントで完成したジオラマでの運転体験を行ないます.
 完成したジオラマの中を,新幹線形手回し発電機を使用して,車両模型を自分の力で発電して走らせ,運転を楽しんでいただけます.
 製作したジオラマは,開館時間中,観賞することができます.

写真:11月5日・6日に製作したジオラマと新幹線形手回し式発電機(鉄道博物館のニュースリリースから)

続きをみる

開催日時 2016(平成28)年12月11日(日)まで
開催場所 2Fスペシャルギャラリー前
内容・開催時間 ●未来のさいたま市をイメージしたジオラマの展示
 10時〜18時
●新幹線形手回し発電機を使用した模型の運転体験
 10時30分〜11時30分,15時30分〜17時
料金 無料(入館料のみで参加していただけます)
■鉄道博物館について
所在地 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
交通 JR大宮駅からニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車,徒歩1分
※詳しいアクセス方法は,鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1000円,小中高生500円,幼児(3歳以上未就学児)200円
※団体料金など,詳しくは鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間 10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎週火曜日および年末年始
※春休み,夏休みなど学校の長期休業中の火曜日は,開館する場合があります.
※休館日について,詳しくは鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内