鉄道博物館で「クモハ101形式電車運転室公開&機器操作体験」開催

access_time
2016年11月10日掲載
鉄道博物館で「クモハ101形式電車運転室公開&機器操作体験」開催

鉄道博物館では,2017(平成29)年1月16日(月)までの間,「クモハ101形式電車運転室公開&機器操作体験」を開催します.
 鉄道博物館のクモハ101-902は,1957(昭和32)年に登場し中央線を始め山手線や大阪環状線など都市圏の通勤通学の足として活躍した101系電車の,試作編成として製造されたうちの一両で,運転室内の機器(マスコンハンドルとブレーキハンドル)を実際に操作し,モータやブレーキなどが動くしくみを確かめることができます.

続きをみる

開催期間 2017(平成29)年1月16日(月)まで
※休館日を除く.
●平日...14時〜15時
●土休日...12時30分〜13時30分
※イベントなどの実施のため,実施時間が変更になることがあります.
開催場所 ヒストリーゾーン1階 クモハ101形式電車
そのほか 先着約20組限定,3分間の入替制です.
■鉄道博物館について
所在地 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
交通 JR大宮駅からニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車,徒歩1分
※詳しいアクセス方法は,鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1000円,小中高生500円,幼児(3歳以上未就学児)200円
※団体料金など,詳しくは鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間 10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎週火曜日および年末年始
※春休み,夏休みなど学校の長期休業中の火曜日は,開館する場合があります.
※休館日について,詳しくは鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内