2015年2月21日発売
定価(本体1046円+税)

鉄道ファン2015年4月号の誌面から

日本の鉄道遺産 黒潮に架かる開腹アーチ橋
土讃線の土佐新荘—安和間にある第二領地橋梁を紹介します.「開腹アーチ橋」と呼ばれる鉄筋コンクリートのアーチ橋で,昭和13年に完成しました.アーチ橋というと,石材や煉瓦による「充腹アーチ橋」が思いつきますが,自重が重くなることと,外観が重厚かつ古典的なものになる特徴がありました.鉄筋コンクリート技術の発達により,軽快感のある開腹アーチ橋が可能となりました.その後の大径間アーチ橋の基礎となった第二領地橋梁の歴史をご確認ください.

定期購読について

『鉄道ファン』の定期購読は,セブンネットショッピング総合雑誌定期購読サイト「マグデリ」Honya Club.comなどをご利用ください.販売会社によって,購読料金や配達に必要な日数が異なりますのでご注意ください.

『鉄道ファン』バックナンバー

上へ