北大阪急行,9月9日から千里中央駅で可動式ホーム柵の使用を開始

北大阪急行,9月9日から千里中央駅で可動式ホーム柵の使用を開始

北大阪急行電鉄は,千里中央駅の1番線,2番線で,2017(平成29)年9月9日(土)の始発列車から可動式ホーム柵の使用を開始すると発表した.
 ホーム柵は,開口部は約2.6m,柵延長が約200m,固定部分がホーム床面から約1.3mの高さのタイプで,地上側に設置するセンサーでホーム柵扉を自動開閉する仕組みとなっている.

 同社では,「可動式ホーム柵」の設置を進めており,残る桃山台駅,緑地公園駅の2駅については,2018(平成30)年3月末の竣工を目指して工事が進められている.

掲載