東急6000系中間車が甲種輸送される

東急6000系中間車が甲種輸送される

総合車両製作所横浜事業所で製造された東急6000系中間車6両が,2017(平成29)年8月29日(火)から30日(水)にかけて,逗子(総合車両製作所)から八王子を経由し長津田まで甲種輸送されました.
 逗子—新鶴見(信)間は新鶴見機関区所属のDE11 2002,新鶴見(信)—八王子間は同区所属のEF65 2081が,八王子—長津田間は同区所属のDE10 1189が,それぞれけん引しました.
 東急大井町線では,6000系で運転されている急行列車の7両化が計画されており,今回輸送されたのはデハ6301〜デハ6306であったことから,6000系の3号車に組み込まれるものと思われます.

写真:桜木町—東高島間にて 2017-8-29

掲載