811系リニューアル車,4月27日から営業運転を開始

Facebookシェア
811系リニューアル車,4月27日から営業運転を開始

JR九州は,近郊形車両811系をリニューアルし,2017(平成29)年4月27日(木)から営業運転を開始すると発表した.リニューアルのデザインは,ドーンデザイン研究所代表の水戸岡鋭治氏が監修している.
 外観は,車体側面のラインをフレッシュな青とし,最新機器を導入した新しい車両であることを表現.内装では,クロスシートをロングシートに変更.シートの柄は九州の伝統的な織物をイメージしたもの.モータおよびその制御装置を一新し,エネルギー効率の良いSiCハイブリッドモジュールを採用したVVVF制御方式に変更されている.

写真:811系リニューアル車のイメージ(JR九州のニュースリリースから) 

掲載