JR西日本で路線記号の本格使用が始まる

JR西日本で路線記号の本格使用が始まる

JR西日本では,2015(平成27)年3月14日(土)のダイヤ改正にあわせて広島エリアと近畿エリアで路線記号の本格使用が開始されました.
 近畿エリアでは主要駅の案内表示が路線記号対応の表示に交換されたり,車内の路線図が路線記号対応のものに交換されました.また,吹田総合車両所奈良支所所属の221系,同日根野支所所属の223系・225系,同森ノ宮支所所属の201系が路線記号を反映した種別幕・行先表示になり,大阪環状線に直通する列車には「O」を表示して走行するようになりました.
 なお,この路線記号導入とともに,ラインカラーの拡充(姫新線・桜井線・湖西線など)と変更(片町線・桜島線)が行なわれています.

写真:桃谷にて 2015-3-15

掲載|JR西日本の記事一覧