山形エリアにE3系改造車「とれいゆ」を導入

山形エリアにE3系改造車「とれいゆ」を導入

JR東日本は,山形エリアにE3系を改造した「とれいゆ」を導入すると発表した.新幹線車両初の「乗ること自体が目的となる列車」としている.
 「とれいゆ」は,E3系6両編成で,定員は143名.11号車は普通車指定席,12~14号車はお座敷指定席(語らいの間),15号車は湯上りラウンジ(モノや人との出会いの間),16号車は足湯(くつろぎの間)となる.車両愛称は「トレイン(列車)」とフランス語の太陽を意味する「ソレイユ」を合わせた造語.山形新幹線 福島—新庄間の山形エリアを中心に運行する予定で,沿線にそろう,「食」「温泉」「歴史・文化」「自然」を温泉街のように散策しながら,仲間との時間や偶然の出会いを楽しむことをデザインコンセプトとした車内空間とする.
 2014(平成26)年7月以降,営業運転開始し,臨時列車として土休日を中心に年間120日程度の運行を予定している.

写真:E3系「とれいゆ」のイメージパース(JR東日本のニュースリリースから)

関連情報

『鉄道ファン』2014年8月号「平成26年3月15日ダイヤ改正にともなう JR東日本 車両の動き」

『鉄道ファン』2014年8月号では,「平成26年3月15日ダイヤ改正にともなう JR東日本 車両の動き」を掲載しています.
 平成26年3月15日に実施されたJRグループのダイヤ改正では,新形車両の投入と,それにともなう車両の置換えが行なわれました.とくにJR東日本では特急形車両を中心に,転用・置換え・廃車が多方面で発生,その車両動向はファンの注目するところです.中には改正以降も継続している案件もあり,E3系新幹線電車を改造したリゾート列車「とれいゆ」,近郊形電車については長野地区へ転用される211系など,車両ファンならずともその「最終形」は大いに気になることでしょう.そこで今回,JR東日本の公式記事と資料によって,その車両動向を一挙に解説することにしました.

鉄道ファン2015年1月号

2014年11月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ