山形新幹線E3系のエクステリアデザインを変更

山形新幹線E3系のエクステリアデザインを変更

JR東日本は,山形新幹線E3系のエクステリアデザインを変更すると発表した.
 デザインは,世界的な工業デザイナーでKEN OKUYAMA DESIGN代表,山形県出身の奥山清行氏によるもの.
 先頭部を取り巻く印象的なラインとその深い紫色は,鳥類で最も美しいと言われる紫色の飾り羽根をもつ山形の県鳥「おしどり」をモチーフとし,帯には県花である「紅花」の生花の鮮やかな黄色を基調に,染料に加工されるにつれ赤色へ変化していく「紅花」の色の移ろいを先頭部に向けてのグラデーションで表す.蔵王の雪の白をバックに,これらの色と形を通して山形の彩り豊かな自然の恵みと新幹線の持つ躍動感を表現している.
 シンボルマークは山形の美しい四季をあらわす4つのデザインを順番に配す.東京寄りの片面には春を表す「桜」と「ふきのとう」を,もう片面に夏を表す「紅花」と「サクランボ」,そして山形寄りの片面には秋を表す「稲穂」と「りんご」,もう片面に冬を表す「蔵王の樹氷」を並べる.
 エクステリアデザインを変更した編成は,2014(平成26)年4月下旬ごろに登場予定で,塗替えを順次行ない,2016(平成28)年度末を目途に全編成の塗替えが完了する予定.

写真:山形新幹線E3系の新エクステリアデザインイメージ(JR東日本のニュースリリースから)

関連情報

『鉄道ファン』2014年8月号「平成26年3月15日ダイヤ改正にともなう JR東日本 車両の動き」

『鉄道ファン』2014年8月号では,「平成26年3月15日ダイヤ改正にともなう JR東日本 車両の動き」を掲載しています.
 平成26年3月15日に実施されたJRグループのダイヤ改正では,新形車両の投入と,それにともなう車両の置換えが行なわれました.とくにJR東日本では特急形車両を中心に,転用・置換え・廃車が多方面で発生,その車両動向はファンの注目するところです.中には改正以降も継続している案件もあり,E3系新幹線電車を改造したリゾート列車「とれいゆ」,近郊形電車については長野地区へ転用される211系など,車両ファンならずともその「最終形」は大いに気になることでしょう.そこで今回,JR東日本の公式記事と資料によって,その車両動向を一挙に解説することにしました.

鉄道ファン2015年1月号

2014年11月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ