E233系6000番台が営業運転を開始

E233系6000番台が営業運転を開始

2014(平成26)年2月16(日),鎌倉車両センター所属で横浜線用のE233系6000番台が営業運転を開始しました.
 運転初日はH001編成が1003K列車(東神奈川10:11発橋本行き)から,H016編成が1022K列車(写真,橋本10:44発桜木町行き)からそれぞれ営業運転に入りました.
 また,この2編成にはE233系デビューを記念して,各前面にそれぞれ異なるヘッドマークが取り付けられています.
 なお,営業運転開始に合わせ,東神奈川駅で出発式が行なわれる予定でしたが,前日までに降った雪のため中止となりました.

写真:矢部—淵野辺間にて 2014-2-16
投稿:鈴木 郁也

関連情報

『鉄道ファン』2014年8月号特集「首都圏の顔 E233系」

『鉄道ファン』2014年8月号の特集は,「首都圏の顔 E233系」です.
 今や首都圏の大半の地域で見かけるE233系.かつての103系のように投入線区が多く,さまざまなカラー(帯色)バリエーションが生じ,とてもカラフルな姿を見せています.そのE233系について,ビジュアル解説でおなじみ,フリーランス・プロダクツ(FP)のお二人に,E233系のメカニズムを説明していただきました.先進的な情報伝達システム,万が一の故障に備えた「待機二重系」など,さらに進化したJR東日本の通勤・一般形電車,E233系の姿をご覧ください.
 また,E233系はJR東日本だけにとどまらず,近隣の民鉄でも最新系列として導入が進められています.これらJR・民鉄の「E233系」乗り歩き紀行,「ワンデートリップ」も収録いたしました.本誌をご覧になったのちは,ぜひE233系に乗車してその乗り心地を味わってみてはいかがでしょうか.

鉄道ファン2015年1月号

2014年11月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ