新所沢駅1番線にホームドアが取り付けられる

新所沢駅1番線にホームドアが取り付けられる

2013(平成25)年8月14日(水),西武新宿線新所沢駅1番線の西武新宿方1両分に神戸製鋼所製の戸袋移動形ホームドアが取り付けられました.
 これは,西武鉄道が国土交通省からの支援を受け,現在開発中の新形ホームドアを実証実験するためのものです.戸袋移動形ホームドアは,車両の停止位置や扉数が大きくずれる場合でも戸袋が移動することで対応可能というメリットを持っています.
 実験は,当初6月ごろから行なわれる予定でしたが,2ヵ月ほど遅れ,8月ごろから約8ヵ月間行なわれるようです.

写真:新所沢にて 2013-8-14
投稿:石田 祐人

関連情報

『鉄道ファン』2014年5月号「西武3000系一代記 西武鉄道で最後につくられた3扉車」

『鉄道ファン』2014年5月号では,「西武3000系一代記 西武鉄道で最後につくられた3扉車」を掲載しています.
 西武鉄道の車両は,大手私鉄ではめずらしく20m3扉車体の車両が大部分を占めていました.その後同社の方針が変わると,20m4扉車体の車両が増え,現在,池袋線や新宿線では3扉車を見かける機会が激減してしました.同社の3ドア車では最新車両であった3000系も廃車が進んでいますが,このことは,先輩格である4扉車の2000系が,3000系の新製後に増備が再開され,大活躍していることとは,好対照です.
 本記事では,このようなことも含めて,3000系にスポットを当て,そのプロフィール,生涯を振り返ります.

鉄道ファン2015年1月号

2014年11月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ