651系・E653系が定期運用から離脱

651系・E653系が定期運用から離脱

常磐線の特急“スーパーひたち”・“フレッシュひたち”に使用されてきた勝田車両センター所属の651系とE653系ですが,ダイヤ改正にともない,2013(平成25)年3月15日(金)限りで定期運用から離脱しました.

写真:友部—内原間にて 2013-3-15
投稿:高橋 佑太

関連情報

『鉄道ファン』2014年4月号 特集「転用進むJR特急車」

『鉄道ファン』2014年4月号の特集は,「転用進むJR特急車」です.
 平成25年秋,E653系が常磐線から新潟地区の特急へと転用されました.そしてまもなく,3月のダイヤ改正から,651系が高崎線の特急へと転身します.国鉄時代の特急形とは異なり,そのほとんどが各路線・沿線特有の事情に応じた仕様で生まれたJRの特急車.誕生から20年近くを経て,改造をともなっての転用が見られ始めるようになりました.今月号の特集では,このような例を持つJR世代の特急形電車について,その運転開始時から現在までの履歴を概観したものです.  

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

前の記事:しなの鉄道169系が定期運用から離脱
次の記事:青い森鉄道,JR特急電車の乗入れ終了