“とき”395号「上越新幹線開業30周年記念号」運転

“とき”395号「上越新幹線開業30周年記念号」運転

2012(平成24)年11月17日(土),“とき”395号が「上越新幹線開業30周年記念号」として,大宮—新潟間で運転されました.
 200系K47編成が使用され,先頭部には,新幹線開業30周年をデザインした「記念ヘッドマーク」が掲出されました.また「上越新幹線開業30周年記念号」の運転にあわせ,大宮駅16番線ホームにて出発式が行なわれました(写真).

写真:大宮にて 2012-11-17
投稿:舛掛 尚則

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

前の記事:団体臨時列車「上越新幹線開業30周年記念号」,E5系で運転
次の記事:快速“風っこやまなし”運転