秋田新幹線の新しい列車名は“スーパーこまち”に

JR東日本 E6系量産先行車 秋田新幹線の新しい列車名は“スーパーこまち”に

JR東日本は,2013(平成25)年3月から運転を開始するE6系で最高速度300km/h運転を行なう列車名を“スーパーこまち”に決定したと発表した.
 E6系は2013(平成25)年3月に東北・秋田新幹線に4編成を投入し,東京—秋田間で4往復運転.最高速度300km/hでの運転により,東京—秋田間の到達時分(下り列車)は,最速3時間45分となり,現行より5分短縮される予定.
 E6系のシンボルマークは,秋田地方出身とされる小野小町をイメージしたシルエットと320km/hの風を赤のウェーブで,現在から未来へのつながりをシルバーのループで表現したものとなる.なお,320km/h運転は2013(平成25)年度末から開始される計画.

写真上:JR東日本E6系量産先行車 新幹線総合車両センターにて 2010-7-9 編集部撮影(取材協力:JR東日本)
写真下:E6系のシンボルマーク(JR東日本提供)
記事:編集部

鉄道ファン2015年2月号

2014年12月20日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ