京阪13000系第2編成が営業運転を開始

京阪13000系第2編成が営業運転を開始

2012(平成24)年4月14日(土)に第1編成が営業運転を開始した京阪電鉄13000系ですが,5月30日(水)から第2編成が営業運転に入っています.
 第2編成は宇治方先頭車の13002号車に幌枠と渡り板が設置されており,第1編成とは異なる表情となっています.

写真:木幡—黄檗間にて 2012-5-31
投稿:森川 望夢

関連情報

ありがとう,さよなら 京阪電車のクイーン 京阪電気鉄道旧3000系ついに引退

『鉄道ファン』2013年6月号では,「ありがとう,さよなら 京阪電車のクイーン 京阪電気鉄道旧3000系ついに引退」を掲載しています.
 特急車として京都〜大阪間をさっそうと駆け抜けた京阪電気鉄道の8000系30番台(旧3000系)が,3月31日をもって,その輝かしいその歴史にピリオドを打ちました.本誌2012年11月号(通巻619号)では,「京阪初代3000系伝説の41年」として,この車両のデビューから最近までの歴史,譲渡車両について,詳しい解説を掲載しましたが,今回はついに最期を迎え,登場時の「顔」を取り戻した旧3000系,そして本当のラストランまでを4ページにわたりまとめた企画です.
 旧3000系の「引退記念」として,本誌をお手元に置き,「京阪電車のクイーン」の最期の姿を,いつまでも記憶に留めていただければと思います

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

前の記事:DD51プッシュプルによる工臨運転
次の記事:381系B編成,定期“くろしお”での運転を終える