“あいづライナー”に485系ラッピング車両

“あいづライナー”に485系ラッピング車両

仙台車両センター所属485系A1・A2編成国鉄特急色により運転されてきた,磐越西線郡山—会津若松間を結ぶ“あいづライナー”ですが,2012(平成24)年2月25日(土)から同所属485系G55・58編成による運転が開始されました.
 運転開始の25日には,同2号発車前の会津若松駅で,『お披露目出発セレモニー』が行なわれました.「あかべえ」の着ぐるみが登場する中,会津鶴ヶ城太鼓の演奏やテープカット,会津若松市長による出発合図などが行なわれ,ホームでは多くの方たちが「GO!485」と磐梯山のイラストが入った小旗を振り,見守っていました.また隣には前日まで,この“あいづライナー”の仕業に就いていたA1・A2編成が並べられ,新旧“あいづライナー”として紹介されていました.

写真:会津若松にて 2012-2-25
投稿:古宇田 功

鉄道ファン2015年1月号

2014年11月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ