JR東海300系J編成が定期運用から離脱

JR東海300系J編成が定期運用から離脱

2012(平成24)年2月1日(水),“ひかり”501号・512号と“こだま”659号・680号の運用をもって,JR東海所属の300系J編成が定期運用から離脱しました.
 今後は車体に装飾をしたうえで,臨時“のぞみ”や団体専用列車に使用される予定です.
 なお,JR西日本所属の300系F編成は引き続き3月中旬まで定期運用に入り,“ひかり”・“こだま”として活躍を続けます.
 写真は最終日の“こだま”659号でJ57編成が使用されました.

写真:浜松—豊橋間にて 2012-2-1

掲載|JR東海の記事一覧