EF210-160が東武鉄道50000系の甲種輸送をけん引

EF210-160が東武鉄道50000系の甲種輸送をけん引

日立製作所で製造された東武鉄道50000系51004編成10両が,2010(平成22)年2月6日(土)から7日(日)にかけて,下松から熊谷貨物ターミナルまで甲種輸送されました.
 下松—新鶴見(信)間は,吹田機関区のEF210-160がけん引しました.

 

写真:菊川—金谷間にて 2010-2-7
投稿:佐野 正和

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

前の記事:489系H02編成が“はくたか”を代走
次の記事:西武池袋線 石神井公園駅の上り高架線が使用開始される