JR東日本のEF510-501,登場

JR東日本のEF510-501,登場

JR東日本のEF510-501が,川崎重工兵庫工場で落成し,2009(平成21年)12月18日(金)から甲種輸送が実施されています.
 車体塗色は青色ベースとなり,車体裾や前面に金帯が配され,車体側面には,流星をイメージしたと思われる模様が描かれています.
 なお,甲種輸送のうち,川崎重工兵庫工場—神戸貨物ターミナル—吹田(信)間は吹田機関区のDE10 1743がけん引しています.

写真:神戸貨物ターミナルにて 2009-12-18
投稿:杉田 仁

関連情報

「追跡!JR東日本田端運転所 EF510-500定期運用」

『鉄道ファン』2013年5月号では,「追跡!JR東日本田端運転所 EF510-500定期運用」を掲載しています.
 JR東日本に所属して"北斗星""カシオペア"をけん引しながら,定期運用で貨物列車も引く田端運転所のEF510-500.その運用順序を,特定の号機(501・509号機)を追跡することで明らかにしていきます.その中には,ちょっと変わった運転方法もあったりして興味津々.平成25(2013)年3月ダイヤ改正での去就が注目されるEF510-500,その2月上旬の活躍ぶりをご覧ください.

鉄道ファン2014年12月号

2014年10月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ