2017年4月号

2017年2月21日発売
定価(本体1046円+税)

"あさかぜ","はやぶさ","あかつき","出雲","日本海","はくつる","北斗星"...,いずれも懐かしい列車名ばかりとなりましたが,JR化後も数多くのブルートレインが全国に残っていました.巻頭では,JR時代を走ったこれらブルートレインの歴史を,いつもの特集の1.5倍規模で一気にまとめ上げ,完結させました.JRブルートレインの物語はこの一冊でおわかりいただけます!
 新車速報・CARINFOでは,東武500系「Revaty」の車内外の写真を収録,また西武40000系をはじめ,JR四国の「四国まんなか千年ものがたり」,伊豆急行「地域プロモーション列車」,泉北高速鉄道の12000系などを取り上げました.
 その他,浜松工場の新しい検査方式ルポや引退迫る東京都電7000形の足跡など,今月号もJRから民鉄,さらに新旧を織り交ぜて,鉄道全般の話題をにぎやかに盛り込みました.
 なお,本誌はいつものように全国の書店で販売されますが,当月号(2017年4月号)からは電子版の取り扱いも始めました.21日以降,目次ページに表示される各書店リンクからお買い求めいただき,タブレット端末などでお楽しみください.

2017年5月号予告

2017年5月号

写真:湯浅勝浩

5・6月号は,JR30周年記念特集の第二弾として,フリーランスプロダクツ(FP)と共同で「拝啓 JRグループの社長様から30年」をお届けいたします.「拝啓 JRグループの社長様」とは,本誌1987年6月号に掲載したFP初の企画記事で,いずれも空想ではありますが,JRの旅客6社に対して行なった現実に沿った誌面での提案(記事)は,各社長様が読まれたかどうかは別として,30年後の現在,別の事業者が実現するなど,意外なほど達成されているのです.そこで5月号では,提案の中に含まれていた「空港連絡」,「新幹線タルゴ(新幹線バラエティー)」,「ノスタルジックトレイン(復活蒸機)」の3テーマについて,この30年の動きを眺めてみることにいたしました.なお「JR30周年」ではありますが,実際にJRと並行して動いた民鉄についても(とくに空港連絡の京成・南海)扱っています.
 本特集は2度に分け,6月号では残り3テーマ,「在来線特急(の進化)」,「寝台列車(カートレイン)」,「ジョイフルトレイン・リゾート列車(ワンメークスペシャル)」について扱います.
 また,5月号では,「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の車両公開時(車内外)のもようをグラフでお届けできる予定です.どうぞご期待ください.