2017年8月号

発売日:2017年6月21日
定価(本体1046円+税)

特集は「鉄道なんでも日本一 2017」と題し,最高速度や最長トンネル,最短路線など,各ジャンルから日本一をピックアップいたしました.鋼索鉄道(ケーブルカー)やモノレールといった項目を含めたこともあり,ふだん誌面では見る機会のない「鉄道」をたくさん集めたのも当特集の特徴です.続く新車ガイドでは西武40000系を,そしてCARINFOでは,まもなく運転を開始するC11 207号機SL「大樹」号の試運転の模様に加え,"SLやまぐち号"としての活躍が期待されるD51 200号機の力強い姿も収録いたしました.また,35系客車("SLやまぐち号"用新形客車)の速報も見どころです.
 その他「大手私鉄の荷物電車」として,すでに引退した車両ばかりですが,小田急や東急など,ほとんど記憶から外れてしまった旧形車の姿を思い出してみましょう.「旧形国電ガイド80系」,「車両史 西鉄天神大牟田線」など,他では見られない懐かしい写真を多数盛りこみました.

2017年9月号予告

2017年9月号

写真:舛掛尚則

今から約30年前の1987年4月1日,それまでの国鉄はJRとして生まれ変わり,日本の鉄道体系は新たな歩みを始めました.しかし,この1日を境に,すべての事象が変化した訳ではありません.国鉄解体が具体的に叫ばれたのは1980年代のことで,その変化は,1982年度から見られ始めました.9月号の特集では,国鉄解体〜JRに至るまでの数年間に着目し,おもに1984〜1987年に生じた国鉄の動向を思い出してみたいと思います.また同時期,JR発足に前後して大手民鉄も変化を始めましたが,その様子も合わせて眺めてみることにいたしましょう.
 新車ニュース関連では,E235系量産車,東武70000系,また「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の運行開始のもようをお伝えできる予定です.どうぞお楽しみに.