東武,100系「スペーシア」の後継車両「N100系」を2023年に導入

東武,特急「スペーシア」の後継車両「N100系」を2023年に導入

東武鉄道は,100系「スペーシア」の後継モデルとなる新形車両「N100系」を2023(令和5)年に導入すると発表した.

 N100系は6両固定編成で,24両(4編成)を導入する.コンセプトは「Connect & Updatable~その人,その時と,つながり続けるスペーシア~」とし,鉄道の物理的なつながりに留まらず,さまざまな情報やサービスを更新し提供することで,車両に乗り込んだ瞬間から,乗客が「自分だけの最適な日光・鬼怒川エリア」とつながることができ,幾度も同エリアを訪れたくなる特急車両を目指す.
 エクステリアデザインは,現行「スペーシア」のフォルムを現代に進化させたものとする.カラーリングは日光東照宮陽明門・唐門・御本社に塗られた「胡粉(ごふん)」の白を彷彿とさせる高貴な白をイメージし,窓枠は鹿沼に伝わる組子や,竹編み細工などの江戸の手仕事を思わせる工芸品のような佇まいで,大切なものを包み込むイメージとする.
 座席は,100系「スペーシア」にもある個室を継承し,ラウンジなど新たにさまざまなタイプの座席を用意することで,より上質な空間を提供する.座席数は100系「スペーシア」よりも少ない212席となる.カフェカウンターを設置し,「自分だけの最適な日光・鬼怒川エリア」と出会える場とするため,新しいものを積極的に取り入れ,ここでしか出会えない五感で楽しむ商品などを提供する.
 また,CO2排出量については,現行「スペーシア」と比較して最大40%削減する.運転時の使用電力相当分は,東京電力エナジーパートナーのFIT非化石証書を活用したメニューなどを使用し,すべて再生可能エネルギー由来の電力に実質的に置き換え,CO2排出量を実質ゼロとする.
 製造は日立製作所が担当し,愛称および車両インテリアなどの詳細は,順次発表される予定.

画像:東武鉄道提供