×

名鉄,「広見線 新可児駅(旧:広見駅)~御嵩口駅(旧:御嵩駅)間 開通100周年記念入場券」第2弾発売

access_time
2020年9月21日掲載
名鉄,「広見線 新可児駅(旧:広見駅)~御嵩口駅(旧:御嵩駅)間 開通100周年記念入場券」第2弾発売

名古屋鉄道では,1920年(大正9年)8月21日に新可児(旧:広見)—御嵩口(旧:御嵩)間が開通し,100周年を迎えました.これを記念し,記念入場券の第2弾を数量限定で発売しています.

画像:名古屋鉄道WEBサイトから

名称「広見線 新可児駅(旧:広見駅)~御嵩口駅(旧:御嵩駅)間 開通100周年記念入場券」第2弾
発売期間2020(令和2)年11月30日(月)まで
※売り切れ次第,販売終了.
通用期間購入日から2021(令和3)年9月30日(木)まで
内容●記念入場券(5枚・大人用)
 新可児・明智・顔戸・御嵩口・御嵩の各駅
●レプリカ券(1枚)
 学校前駅(廃止駅)
発売金額1セット850円
発売数限定1000セット
※ひとり1回の購入につき,5セットまで購入可能.
発売場所新可児駅
そのほか●オリジナル系統板の掲出
・掲出期間...2020(令和2)年10月31日(土)まで
・掲出区間...新可児—御嵩間 ※一部列車
●スタンプ印の設置
・掲出期間...2020(令和2)年10月31日(土)まで
・設置駅...新可児駅
・設置時間...9時〜18時
ご案内「広見線 新可児駅(旧:広見駅)~御嵩口駅(旧:御嵩駅)間 開通100周年記念入場券」第2弾の発売について(名古屋鉄道のページ)