×

カトー,E261系“サフィール踊り子”・E257系2000番台“踊り子”の製品化を発表

access_time
2020年8月8日掲載
カトー,E261系“サフィール踊り子”・E257系2000番台“踊り子”の製品化を発表

カトーは,2021(令和3)年春の生産予定商品として,E261系「サフィール踊り子」・E257系2000番台「踊り子」の製品化を発表しました.

 E261系「サフィール踊り子」は,251系“スーパービュー踊り子”の後継車両として,2020(令和2)年3月のダイヤ改正で営業運転を開始しました.製品では,特徴的な先頭形状,開放感のある天窓のほか,美しい伊豆の海と空をイメージした光沢感のある美しい塗装・グラデーション帯などが的確に再現される予定です.また,食堂車の特徴的なテーブルランプや壁面下部照明も点灯します.
 E257系2000番台は,“あずさ”・“かいじ”で使用されていたE257系を,“踊り子”用に転用改造したもので,ライト類が変更された前面や特徴的なカラーリングが的確に再現される予定です.また床下機器は,機器更新され,ブレーキ抵抗器が撤去された姿が製品に反映されます.
 なお,発売時期・品番・品名・価格などの詳細については,決まり次第発表されます.

画像:カトーWEBサイトから