JR東日本,11月1日から川口駅・西川口駅・東川口駅の発車メロディを期間限定で変更

JR東日本E233系1000番台

JR東日本大宮支社では,2018(平成30)年11月1日(木)の初電から30日(金)の終電までの期間限定で,埼玉県川口市内の3駅(京浜東北線:川口駅・西川口駅,武蔵野線:東川口駅)の発車メロディを変更すると発表した.
 これは,同市が2018(平成30)年4月に中核市に移行したことにちなみ,そのPRのために実施される.また,11月10日(土)と11日(日)にそれぞれ開催される,中核市移行記念式典および「川口宿鳩ケ谷 宿日光御成道まつり(4年ごとに開催)」の開催周知も目的とし,発車メロディの変更により地域の活性化を図るとしている.
 メロディには,各駅とも1番線に「川口市民歌」の一部,2番線に「元気川口・御成道サンバ」の一部を使用する.

写真:JR東日本E233系1000番台  編集部撮影  東大宮操車場にて  2007-9-27(取材協力:JR東日本)

※写真はイメージです.

2018年10月26日掲載