八高線用の209系3500番台が配給輸送される

八高線用の209系3500番台が配給輸送される

2018(平成30)年1月18日(木),209系3500番台4両が郡山総合車両センターから出場し,郡山→大宮(操)→南古谷の経路で配給輸送されました.けん引機は郡山→大宮(操)間が長岡車両センター所属のEF81 140,大宮(操)→南古谷間が同所所属のEF64 1030でした.
 今回輸送されたのは,もと三鷹車両センター所属500番台のC501編成のうち4両を改造したもので,クハ208-3501+モハ208-3501+モハ209-3501+クハ209-3501の4両編成です.各車両に「ハエ」の記載があったことから川越車両センター所属として八高線・川越線の八王子—川越間で主に使用されるものと思われます.
 なお,川越車両センターにはすでにE231系3000番台2本が配置されており,同所所属の205系3000番台・209系3000番台・3100番台の去就が注目されます.

写真:日進—西大宮間にて 2018-1-18

掲載

鉄道ファン2018年8月号