八戸線,3月17日から全列車をキハE130系500番台で運転

キハE130系500番台

JR東日本盛岡支社は,八戸線で運転する列車について,2018(平成30)年3月17日(土)以降,すべてをキハE130系500番台で運転すると発表した.
 キハE130系500番台は2017(平成29)年12月2日(土)から営業運転を開始しており,今回のダイヤ改正でキハ40系を置き換える.なお,八戸12:22発→久慈14:07着,久慈15:00発→八戸16:52着の1往復については「リゾートうみねこ」編成で運転する場合がある.

写真:JR東日本キハE130系500番台  編集部撮影  八戸運輸区にて 2017-9-15(取材協力:JR東日本)

掲載

鉄道ファン2018年12月号