EF210-310が営業運転を開始

EF210-310が営業運転を開始

吹田機関区所属のEF210-310が,2017(平成29)年8月23日(水)から山陽本線を中心に定期貨物列車の運用に入っています.
 同機は,川崎重工で落成したあと京都鉄道博物館に送られ8月6日(日)から8月19日(土)まで同館で展示されました.展示期間が終了し,8月20日(日)には吹田機関区へ回送されていました.写真は,8月25日(金)の1086列車をけん引する同機です.
 なお,このEF210-310は車体側面の「JRF」マークがないのが話題となっています.

写真:有年—上郡間にて 2017-8-25

掲載