東武鉄道20000系が渡瀬へ

東武鉄道20000系が渡瀬へ

東武鉄道では,2017(平成29)年7月28日(金),南栗橋車両管区春日部支所所属の20000系のうち,21809編成の南栗橋方3両(クハ28809+モハ27809+モハ26809)と,21813編成の北千住方5両(モハ25813+モハ24813+モハ23813+モハ22813+クハ21813)で組成された8両編成が,北春日部から渡瀬(資材管理センター北館林解体所)まで回送されました.
 両編成の残った車両(21809編成の北千住方5両+21813編成の南栗橋方3両)については,すでに7月5日(土)深夜から翌6日(日)にかけて,北春日部から渡瀬まで回送されていることから,いずれも70000系の導入にともなう廃車と思われます.
 なお,日中に20000系が回送されるのは今回が初めてで,今後70000系の導入によって,淘汰が進むものと思われます.

掲載

鉄道ファン2018年12月号