「現美新幹線」が営業運転を開始

「現美新幹線」が営業運転を開始

上越新幹線では,2016(平成28)年4月29日(金祝),「現美新幹線」が営業運転を開始しました.越後湯沢駅14番ホームにて出発式が行なわれました.
 「現美新幹線」に使用されるのは,新潟新幹線車両センター所属E3系R19編成(新潟方からE322−702+E325−702+E328−702+E329−702+E326−702+E321−702)で,“こまち”用のE3系0番台をベースに約5億円かけて改造されました.
 注目のアーティストがこの列車のために制作した現代アートが展示されているほか,地元の素材にこだわったスイーツとコーヒーなどを提供するカフェ,キッズルームがあり,沿線に広がる車窓とともにさまざまな魅力を発見できる列車となっています.
 「現美新幹線」は,6月までの土休日と,5月2日(月)・6日(金)に,越後湯沢—新潟間で1日3往復運転されます.7月以降の運転日については,JR東日本から後日発表される予定です.

写真:新潟にて 2016-4-29
投稿:藤巻 佳一