銚子電鉄3000形が営業運転を開始

銚子電鉄3000形が営業運転を開始

2015(平成27)年9月15日(火)に銚子港から陸送された,もと伊予鉄700系(713+763)は,仲ノ町車庫で半年間の転用改造を終え,2016(平成28)年3月26日(土)から営業運転を開始しました.塗装は銚子の海をイメージした往年のトロッコ車両ユ101(通称:澪つくし号)の復刻塗装となっています.
 当日は関係者の方々によるテープカットなどが行なわれ,仲ノ町11:09発下り外川行き,外川11:38発上り仲ノ町行きの臨時列車で1往復したあと,夕方に定期列車2往復にも充当されました.

写真:笠上黒生にて(開いている踏切から撮影) 2016-3-26

掲載

鉄道ファン2018年12月号