京急 新1000形1800番台が営業運転を開始

京急 新1000形1800番台が営業運転を開始

京急電鉄では,前面貫通扉を移設して4両+4両の組成でも都営線への直通運転を可能にした,新1000形1800番台を2編成(1801編成・1805編成)8両導入し,2016(平成28)年3月4日(金)から営業運転を開始しました.
 当日は,1801編成と1805編成がそれぞれ朝ラッシュ時間帯の快特・特急の増結車として金沢文庫から品川へ向かい,ここで両編成を連結したうえで,金沢文庫まで回送後にエアポート急行として新逗子—羽田空港間を数往復する運用に入りました.なお,両編成間の幌は設置されておらず,編成間での行き来はできない状態でした.今後,都営線への乗入れをいつ果たすのか注目されます.

写真:屏風浦にて 2016-3-4

掲載

鉄道ファン2018年12月号