富士急行2000形が引退

富士急行2000形が引退

2016(平成28)年2月7日(日),富士急行2000形2001編成がすべての営業運転を終了し,引退しました.
 最終日となった7日(日)には,ラストランイベントとして“フジサン特急”9号と12号の運用間合いに富士山駅1番線ホームにおいてクロ2001(展望車)の運転台見学が実施されたほか,河口湖駅では“フジサン特急”12号の発車時に出発式が行なわれました.同列車からは,クモロ2201の前面幕に「ありがとう」の表示が,運転台には,1000形に取り付けられているヘッドマークが車内から掲出されました.“フジサン特急”15号の運転終了後には抽選に当選した30名の参加者が河口湖駅から富士山駅まで2000形に乗車し,富士山駅併設の電車修理工場に徒歩で移動したのち2000形の入庫を迎えるプレミアムツアーが催行されました.

写真:富士山—月江寺間にて 2016-2-7

掲載