東急5000系6扉車置換え用の4扉車が甲種輸送される

東急5000系6扉車置換え用の4扉車が甲種輸送される

東急田園都市線へのホームドア(可動式ホーム柵)導入にともなう,東急5000系の6扉車置換え用の4扉車6両が総合車両製作所横浜事業所で製造され,2015(平成27)年12月22日(火)から23日(水祝)にかけて,逗子から長津田へ甲種輸送されました.
 今回製造されたのはサハ5417,サハ5517,サハ5817,サハ5420,サハ5520,サハ5820の6両で,5117編成・5120編成の6扉車に代わって組み込まれる予定です.営業運転の開始は2016(平成28)年1月12日(火)が予定されています.
 けん引機は,逗子駅構内入換と逗子—新鶴見信号場間は新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1666が,新鶴見信号場—八王子間は新鶴見機関区所属のEF65 2080が,八王子—長津田間は新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1662がそれぞれ充当されました.

写真:長津田—成瀬間にて 2015-12-23

掲載

鉄道ファン2018年12月号