「TRAIN SUITE 四季島」の運行ルートの概要が発表される

「TRAIN SUITE 四季島」の運行ルートの概要が発表される

JR東日本は,2017(平成29)年春から営業運転を開始する予定の「TRAIN SUITE 四季島」について,運行ルートの概要を発表した.
 春から秋にかけては3泊4日と1泊2日のコース,冬は2泊3日のコースが設定される.3泊4日コース(春〜秋)は,1日目は上野を出発し,日光に立ち寄り,東北本線を北上し車内泊,2日目は函館・伊達紋別・登別に向かい列車外で宿泊となる.3日目は東室蘭から乗車し,洞爺・新函館北斗・青森・弘前を経由し車内泊,4日目は鶴岡・あつみ温泉・新津・東三条を経由して上野に戻る.1泊2日コース(春〜秋)は,上野を出発し塩山・姨捨に立ち寄り車内泊,会津若松を経由して上野に戻る.2泊3日コース(冬)は,1日目は上野を出発,その日は白石・松島に立ち寄り車内泊,2日目は青森・弘前に向い,折り返し東北本線を南下し車内泊,3日目は鳴子温泉に立ち寄り,東北本線を南下して上野に戻る.
 なお,2016(平成28)年1月14日(木)には,東京駅八重洲中央口(改札外)に,「GALERIE 四季島(ギャラリー しきしま)」がオープンし,「TRAIN SUITE四季島」の情報提供,ツアー参加者へのコンシェルジュサービスを行なう.

掲載