名古屋市交通局東山線で可動式ホームの運用開始

名古屋市交通局東山線で可動式ホームの運用開始

名古屋市交通局高畑駅では,東山線で初となる可動式ホーム柵の運用が,2015(平成27)年9月7日(月)に始まりました.またそれに伴う所要時間増に対応するダイヤ改正が9月1日(火)に行なわれました.可動式ホーム柵は5050形,N1000形が対応し,8月末に引退した5000形は未対応でした.東山線は今後高畑駅方面から順番に可動式ホーム柵の運用が開始され,2016(平成28)年2月29日(月)の藤が丘駅で完了となる予定です.なお,名古屋市交通局は桜通線と上飯田線ではすでに設置・運用が行なわれ,名城線・名港線は2020(平成32)年度に設置が予定されています.

写真:高畑にて 2015-9-13

掲載