「特別なトワイライトエクスプレス」山陰ルートの運転開始

「特別なトワイライトエクスプレス」山陰ルートの運転開始

2015(平成27)年7月25日(土)から26日(日)にかけて,「特別なトワイライトエクスプレス」の夏季運転として,山陰本線コース(東海道・山陽・伯備・山陰経由)が運転されました.
 このコースは,山陽コースと異なり大阪始発での運転となり,大阪—瀬戸間は下関車両センター所属のEF65 1135,瀬戸—米子間は後藤総合車両所所属のDD51 1179+DD51 1186,米子—下関間は同DD51 1186がそれぞれけん引しました.
 風光明媚な山陽本線須磨付近と,山陰本線の日本海が見渡せる区間を日中の走行となるようにダイヤが設定され,乗客の目を楽しませていました.
 下関発の復路行程は27日(月)発で運転されています.

写真:須佐—宇田郷間にて 2015-7-26

掲載

鉄道ファン2019年3月号