特急“スーパー北斗”,キハ283系で代走運転

特急“スーパー北斗”,キハ283系で代走運転

2013(平成25)年11月1日のダイヤ改正以降,函館運輸所所属のキハ281系のみで運転されている特急“スーパー北斗”ですが,2014(平成26)年2月8日(土),一部列車が札幌運転所所属のキハ283系7両編成(グリーン車の連結なしのモノクラス編成)で運転されました.
 これは,同日キハ281系で運転されていた特急“スーパー北斗”2号でドア開閉の不具合が生じ,折返しの特急“スーパー北斗”9号がバス代行の措置となったため,特急“スーパー北斗”18号がキハ283系での運転となりました.
 なお,キハ283系は昨年11月1日のダイヤ改正まで特急“スーパー北斗”の運用,キハ281系特急“スーパー北斗”に併結されての運用,特急“スーパーとかち”の運用がありましたが,現在は特急“スーパーおおぞら”の運用のみとなっております.

写真:札幌にて 2014-2-8

掲載

鉄道ファン2019年3月号