西武 新101系259編成が白一色となって多摩湖線で営業運転

西武 新101系259編成が白一色となって多摩湖線で営業運転

西武多摩湖線(国分寺—萩山間)のワンマン運転用として使用されていた,新101系259編成が,白一色となって出場し,2010(平成22)年10月24日(日)の午後から,多摩湖線での営業運転を開始しました.
 西武鉄道では,現在,多摩川線に残る旧101系低運転台車両の置き換えを,新101系リニューアル車「四季の電車」により,進めています.この時期に,259編成が白一色になったことから,今後,同編成が多摩川線へ向かい,現地で「冬編成」として整備されるものと思われます.

写真:萩山にて 2010-10-24

掲載