×

205系物語

205系物語

キャンブックス.登場から30年が経過した今もさまざまな路線で活躍している,205系を詳説した内容となっている一冊です.筆者は,本誌でも活躍されている池口英司氏で,国鉄の通勤形電車の歴史から始まり,205系の複雑な軌跡を,海外に譲渡された車両,富士急行の譲渡車両である6000系や6500系を含めて,たどることができるようになっています.本書の後半に収録されている,富士急行6000系,6500系にまつわるインタビュー記事もなかなか興味深いもので,そのうえ,205系に関して全車両の配置の履歴がわかる一覧表もあるため,国鉄,JRの車両を愛好している向きには,書架に収めていただきたいところです.

著者池口英司
発行JTBパブリッシング
仕様A5判178ページ
定価本体1800円+税
発売日2015年9月18日
購入する205系物語をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する205系物語をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2015年12月号掲載| JTBパブリッシングの記事一覧