×

小田急,「箱根ゴールデンコース開通60周年キャンペーン」実施

access_time
2020年4月6日掲載
小田急,「箱根ゴールデンコース開通60周年キャンペーン」実施

小田急箱根グループでは,1960年の箱根ロープウェイ全線開業により完成した観光ルート「箱根ゴールデンコース」が,開通60周年を迎えることを記念して,2020(令和2)年12月31日(木)までの間,「つなぐ,つながる」をテーマとした「箱根ゴールデンコース開通60周年キャンペーン」を実施しています.

画像:キャンペーンロゴマークのイメージ(小田急電鉄提供)

実施期間 2020(令和2)年12月31日(木)まで
■「箱根ゴールデンコース」とは
 「箱根ゴールデンコース」は,箱根の玄関口小田原・箱根湯本を起点に箱根登山電車,箱根登山ケーブルカー,箱根ロープウェイ,箱根海賊船,箱根登山バスの5つの個性的な乗り物を楽しみながら,箱根の観光地を巡るループ状の定番周遊ルートを指します.
■ロゴマークの制定
デザイン 現在,2019(令和元)年の台風被害でルートが途切れた状態にありますが,運休となっている箱根登山電車を再びつなぐ,さらに観光客や地元の皆様とのつながりをより深め,箱根ゴールデンコースを未来につなげていくという思いがデザインに込められています.
■箱根ゴールデンコースオリジナルテーマ曲の導入
曲名 HAKONECTION(ハコネクション)
内容 ●コンセプトは箱根の風景と旅の思い出を音でつなぐ「Connect(コネクト)」で,メインテーマ1曲とアレンジ31曲の合計32曲で構成されています.
●BGMは音楽が流れる場所の歴史や雰囲気,標高差や人の流れなどをイメージしたメロディを取り入れています.
●乗り物では出発や到着などのシーンごとに,駅,港では朝・昼・夜のイメージにアレンジし,時間経過とともに変化する音楽が楽しめます.歴史ある箱根の雰囲気に寄り添う音楽を提供することで,旅の思い出をより一層引き立てることを目指しました.
●本テーマ曲は,日本アカデミー賞音楽賞優秀賞を最年少で受賞し,ドラマ音楽などさまざまな舞台で活躍されている富貴晴美氏が作曲しています.
導入日 2020(令和2)年4月1日(水)
導入場所 ●乗り物
・特急ロマンスカー70000形「GSE」(4曲)
・箱根登山鉄道1000形車両(2曲)
・箱根海賊船ロワイヤルII,ビクトリー(2曲)
●駅,港
・小田原駅,箱根湯本駅,強羅駅,早雲山駅,大涌谷駅,桃源台駅
・箱根町港,元箱根港
 ※朝,昼,夜でそれぞれ異なるBGMを導入(24曲)
 ※メインテーマ曲は大涌谷の昼に流れます.
 ※早雲山は6月24日(水)から導入予定です.
■早雲山新駅舎・「cu-mo箱根(クーモハコネ)」の開業
開業日 2020(令和2)年6月24日(水)※予定
内容 ●早雲山新駅舎
・駅舎は地上2階,地下1階の構造で各階にエレベータを設置し,スムーズな乗り換え動線を確保するとともに,多目的トイレを整備するなどバリアフリー設備も充実させます.
・木目を基調とした温かみのある空間を創出するとともに,安心して利用できるよう授乳室や救護室を設置します.
●「cu-mo箱根」
・早雲山駅舎2階には同日に,新スポット「cu-mo箱根」がオープンします.
・箱根外輪山,強羅の街なみ,相模湾を一望できる展望デッキを設けるとともに,無料の足湯施設も併設し,ダイナミックな眺望が楽しめます.
・箱根ロープウェイ直営のショップでは,旅の途中に楽しめるスイーツや可愛らしさやレトロ感を出したグッズなどを販売します.
■そのほか
●箱根山内の主要駅に設置されている情報ディスプレイ「インフォビジョン」を全面リニューアルするほか,箱根湯本駅の各窓口を総合サービスカウンターとしてリニューアルします.
●箱根登山鉄道 鉄道線(箱根湯本—強羅間)の運転再開時期を,当初の2020(令和2)年秋から前倒しし,2020(令和2)年7月下旬(予定)とします.
ご案内 「箱根ゴールデンコース開通60周年キャンペーン」などの開催について(小田急電鉄ニュースリリース,PDFファイル)