9月21日〜12月8日
京都鉄道博物館で,企画展「列車愛称進化論~名前から見る鉄道~」開催

access_time
2019年8月4日掲載
京都鉄道博物館で,企画展「列車愛称進化論~名前から見る鉄道~」開催

京都鉄道博物館では,2019(令和元)年9月21日(土)から12月8日(日)までの間,企画展「列車愛称進化論~名前から見る鉄道~」を開催します.

続きをみる

■企画展「列車愛称進化論~名前から見る鉄道~」について
開催期間 2019(令和元)年9月21日(土)〜12月8日(日)
開催場所 京都鉄道博物館 本館2階 企画展示室
展示構成 ●日本の鉄道文化に定着した列車愛称が今年で90年を迎えることを記念し,日本全国で広まった列車愛称をさまざまな切り口で紹介します.
●収蔵されている200点以上のヘッドマークなどが公開されます.
・おもな展示構成
(1)愛称進化論 ~はじめに~
 列車にはじめて“富士”や“櫻”の愛称がつけられた昭和前期から現代まで,列車愛称からみた鉄道史を紹介します.
(2)愛称親化論 ~地域になじむ愛称~
 列車愛称に関連する収蔵資料を,「地名」「動物・植物名」「天体名」などに分けて紹介します.
(3)愛称深化論 ~広く深い愛称~
 いくつかの特色ある列車愛称を取り上げ,時代背景や当時の輸送状況に着目し,使用車両や走行路線の変遷を中心に紹介します.
■関連イベントについて
●企画展解説ツアー ※先着順
 企画展をより分かりやすく担当者が解説するツアーを,企画展開催期間中の毎週土曜日に開催します.
開催期間 2019(令和元)年9月21日(土)から12月7日(土)までの毎週土曜日
開催時間 各日14時〜14時30分
開催場所 京都鉄道博物館 本館2階 企画展示室
定員 先着20名
●学芸員による「おとなの学び講座」※先着順
 京都鉄道博物館では,初となる「大人向け」の学芸員による講座を開催します.
開催期間 2019(令和元)年
・10月3日(木)・17日(木)
・11月7日(木)・21日(木)
開催時間 各日14時〜15時
開催場所 京都鉄道博物館 本館3階 ホール
定員 先着40名
■京都鉄道博物館について
所在地 京都府京都市下京区観喜寺町
交通 JR京都駅下車,中央口から西へ徒歩約20分
※バスなどの詳しいアクセス方法は,京都鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1200円,大学生・高校生1000円,中学生・小学生500円,幼児(3歳以上未就学児)200円
※団体料金など,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間 10時~17時30分(入館は17時まで)
休館日 毎週水曜日および年末年始
※祝日,および,春休み(3月25日~4月7日)・夏休み(7月21日~8月31日)の水曜日は開館します.
※休館日について,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内

ニュース記事アクセスランキング

イベント記事アクセスランキング