4月10日〜7月7日
東北福祉大学・鉄道交流ステーションで第33回企画展「仙台周辺にある鉄道の遺産・遺構を訪ねる」開催

2018年4月3日掲載

■関連記事の一覧

東北福祉大学・鉄道交流ステーションで第33回企画展「仙台周辺にある鉄道の遺産・遺構を訪ねる」開催

東北福祉大学・鉄道交流ステーションでは,2018(平成30)年4月10日(火)から7月7日(土)までの間,第33回企画展「仙台周辺にある鉄道の遺産・遺構を訪ねる」を開催します.

続きをみる

開催期間 2018(平成30)年4月10日(火)~7月7日(土)10時~16時
※毎週日・月・祝日は休館です.
※4月29日(日祝)から5月7日(月)までは,臨時休館です.※定休日含む.
※そのほか,悪天候や大学行事などで臨時に休館する場合があります.
※入場無料.
内容 「遺産」の認定があるなしに関わらず,仙台周辺の古い鉄道の歴史を伝える現役の鉄道施設や,かつて活躍した廃線路線の遺構・痕跡を,ふだん見過ごしてしまう身近な風景の中に見つけだし,その歴史的意義を探ります.
■東北福祉大学・鉄道交流ステーションについて
所在地 宮城県仙台市青葉区国見1-19-1
交通アクセス JR仙山線東北福祉大前駅下車,すぐ
開館時間 ●展示室...10時~16時
●鉄道模型館...11時~16時(※展示室開館の期間内の土曜日のみ)
 ※ただし,6月〜7月はメンテナンスのため休館します.
入館料 無料
※鉄道模型館については,10時から展示室受付で入場整理券を配布しています.
休館日 毎週日・月および祝日
ご案内