33年ぶりに石北線・常紋峠でSLを運転

access_time
2008年5月16日掲載

JR北海道では,2008(平成20)年6月28日(土)・29日(日)の2日間,沿線からの要望を受け,かつて蒸気機関車の運転の難所であった常紋峠(生田原—金華間)を含む北見—白滝間に“SL常紋号”を運転します.
 なお,この区間での蒸気機関車の運転は,1975(昭和50 )年以来33 年ぶりとなります.

続きをみる

1.“SL常紋号”運転の概要
運転日 2008年 6月28日(土)・29日(日)の2日間
運転区間 北見—遠軽—白滝 98.8km
使用車両 機関車「C11 171」+客車4両(全車指定席)※定員256 名
運転時刻 【上り】
北見08:28発→留辺蘂09:44発→生田原10:14発→遠軽10:36着
遠軽11:51発→丸瀬布12:16発→白滝12:44着
【下り】
白滝13:22発→丸瀬布13:50発→遠軽14:17着
遠軽15:59発→生田原16:25発→留辺蘂16:57発→北見17:33着
※上下列車とも遠軽で方向を転換します.
発売開始 1ヵ月前の午前10時から発売開始します.
2.JR 利用者専用アクセスバス“ぐるっと遠軽号”の運行
○ SL・特急の運転に合わせ,遠軽駅発着のJR 利用者専用バス“ぐるっと遠軽号”を運行します.
料金 大人お一人様 2000円(こども半額)
※ノースキング入浴料・ちゃちゃワールド入場料込
運転時刻 遠軽駅前(11:00 発)→瞰望岩→見晴牧場→木楽館→生田原温泉ノースキング(入浴) →ちゃちゃワールド(入場)→遠軽駅前(15:30ごろ着)
○ 丸瀬布からは,丸瀬布いこいの森までの路線バスを増便します
その他 (1)“SL常紋号”の運転に合わせて,各種イベントを実施します.
○ 6月28日(土)北見駅・白滝駅にて出発式を実施します.
○ 遠軽駅にて停車時間を利用し,遠軽名産品などを販売します.
○ 遠軽駅前にて,沿線観光協会などによるPRイベントを実施します.
(2)ヘッドマーク・乗車証明書を作ります!
○ 今回の運転に合わせ,“SL 常紋号”オリジナルの 「ヘッドマーク」および「乗車証明書」を制作します.
※ヘッドマークイメージはJR北海道のプレスリリース(PDFファイル)をご覧ください.
(3)“SL常紋号”に乗車する旅行商品を設定します.
○ “SL常紋号”に乗車する旅行商品を設定します.詳しくは,専用のパンフレットをご覧ください. 5月15日(木)14時発売開始です.
※ 6 月28 日・29 日に“はなたび知床エクスプレス”も運転します.
“SL常紋号”が運転する6 月28 日・29日に,臨時特急“はなたび知床エクスプレス”も運転します.この列車は, 28 日に札幌から網走を経由し,知床斜里まで.29日に網走から札幌まで運転されます.ノースレインボー車両を使用しており,快適な道東への旅を過ごすことができます. 今回発売する旅行商品には,この“はなたび知床エクスプレス”と“SL常紋号”の乗車をセットにしたコースも設定しております.
(4)“SL常紋号”運転を記念した記念乗車券などを発売します. 鉄道愛好家・旅行者に乗車の記念となるよう,記念乗車券・記念入場券・オレンジカードを発売します.
ご案内 JR北海道WEBサイト