小田急,朝方に運転する特急ロマンスカーの愛称を発表

小田急60000形「MSE」

小田急電鉄は,2018(平成30)年3月に予定しているダイヤ改正から,朝方に運転する特急「ロマンスカー」の総称として使用する愛称を,“モーニングウェイ号”に決定したと発表した.
 9時30分ごろまでに小田急線新宿駅に到着する列車は“モーニングウェイ号”,東京メトロ千代田線大手町駅に到着する列車は“メトロモーニングウェイ号”となる.
 愛称は公募されたもので,応募総数16167件(応募愛称名の種類6912件)のうち,“モーニングウェイ号”は第1位となる567件の応募があり,朝の通勤に,座って快適な時間を過ごせることが想起できること,現在夕夜間に運転している特急ロマンスカー“ホームウェイ号”と対になり,分かりやすいことから採用された.
 なお,複々線完成にともない実施される2018(平成30)年3月のダイヤ改正では,平日朝方通勤時間帯に運転される全席指定制の特急ロマンスカーの本数は,現在の7本から11本に増発される予定.

写真:小田急60000形「MSE」  編集部撮影  大野工場にて  2007-10-19(取材協力:小田急電鉄) 

掲載