八高線開通80周年カラーのキハ110系2両が郡山へ

八高線開通80周年カラーのキハ110系2両が郡山へ

JR東日本では,2018(平成30)年9月20日(木),高崎車両センター高崎支所所属で八高線用のキハ111-204とキハ112-204の2両が高崎→新前橋→小山→郡山の経路で配給輸送され,郡山総合車両センターに入場しました.検査のためと思われます.けん引機は田端運転所所属のEF81 139でした.
 この2両は,2014(平成26)年10月から,八高線開通80周年を記念として,かつて同線を走行していたキハ38形をイメージした塗装に変更されていて,出場後の塗装が注目されます.

写真:思川—栃木間にて 2018-9-20
投稿:鎌田 彬宏

掲載

新着記事