JR貨物,看板や表札などの統一デザイン化を実施

大井機関区(事業所屋上看板)

写真:大井機関区(事業所屋上看板)

大牟田オフレールステーション(表札)

写真:大牟田オフレールステーション(表札)

JR貨物では,認知度向上・ブランドイメージ強化を目的として,ロゴマークの使用方針を見直すなど,一貫したビジュアル構築に向けて取り組んでいる.看板や表札についてもすでに設置しているものは統一感がないため,同社の発足30周年事業の一環として統一デザインを定め,2017年度から更新工事を進めている.
 2017(平成29)年11月現在,その最初の事例として,東京都の大井機関区(事業所屋上看板)と福岡県の大牟田オフレールステーション(表札)で掲示を開始したと発表した.今後も認知度向上・ブランドイメージ強化に向けて,順次全国の事業所へ統一デザインによる看板・表札の設置を進める.

写真:JR貨物ニュースリリース(PDFファイル)から

掲載