“オホーツク”・“大雪”に両端スラント編成

“オホーツク”・“大雪”に両端スラント編成

JR北海道では,2017(平成29)年10月11日(水),特急“オホーツク”1号,“大雪”4号・3号が,キハ183形0番台先頭車(スラントノーズ車)が両端に連結された編成で運転されました.
 キハ183形0番台先頭車(スラントノーズ車)は,「旭山動物園号」専用車を除くと残り3両となっており,今回は,中間車2両も0番台で組成された珍しい編成となりました.
 なお,同編成は翌12日(木)の“オホーツク”2号で札幌まで運転されています.

写真:上川—東雲間にて 2017-10-12

掲載