小田急,愛甲石田駅で「昇降バー式ホーム柵」の実証実験を9月24日から開始

愛甲石田駅に設置される「昇降バー式ホーム柵」

愛甲石田駅に設置される「昇降バー式ホーム柵」

2017(平成29)年9月24日(日)から稼働予定となっている

2017(平成29)年9月24日(日)から稼働予定となっている

小田急電鉄は,株式会社高見沢サイバネティックスが開発を進めてきた「昇降バー式ホーム柵」の実証実験に協力し,愛甲石田駅で試験運用すると発表した.
 「昇降バー式ホーム柵」は,愛甲石田駅上りホームのうち小田原方から3両分に設置され,実証実験は,2017(平成29)年9月24日(日)初電から実施する.実験期間は2018(平成30)年3月までの予定で,安全性,耐久性,視認性の確認が行なわれる.なお,この実証実験は,国土交通省鉄道局の鉄道技術開発費補助金の支援を受けて行なわれるものである.

写真はいずれも小田急電鉄のニュースリリースから

掲載